宝船展2022「くもをたがやす」

アートコロニイプロジェクトチラシ(表)
画像をクリックすると拡大します(PDF)

「宝船展」は、実現したいと思うアートプロジェクトの素を夢として自由に語り表現するアンデパンダン形式の展覧会で、美術、音楽、ダンス、建築、文学など、さまざまな分野のメンバーが集うSMFを象徴する企画のひとつです。

前回の「くもをつかむ」に続いて、今回は「くもをたがやす」をキーワードに多士済々の夢、魅力的な作品や活動の種が集います。

「くも」は、天と地をつなぎ異なる世界へと誘い、自由に流れただよい、あらわれまた消える永遠の旅人。それは大いなる生命の映し鏡かも知れません。

出展者のみなさま、会場にお越しのみなさまとともに、コロナ禍に負けないそれぞれの「くも」を探り当てたいと願っています。ご参加、ご来場をお待ちしております。

  • 会期:2022年3月16日(水)〜20日(日)
  • 搬入・展示:3月14日(月)13:00〜17:30、3月15日(火)9:30〜17:30
  • 撤収・搬出:3月20日(日)15:00〜17:30、3月21日(月)9:30〜12:00

※以下をクリックすると出展要領などがダウンロードできます。

  • 開催要項:PDF
  • 出展要領:PDF
  • エントリーシート(横):PDFWord
  • エントリーシート(縦):PDFWord
  • アンケート:PDFWord

出展ご希望の方は、エントリーシートとアンケートを作成していただき、エントリー受付期間:2月1日(火)〜2月15日(火)内に
takarabune2022.entry@artplatform.jp宛てお送りください。

アートコロニイプロジェクト&アートコロニイ展

アートコロニイプロジェクトチラシ(表)
画像をクリックすると拡大します(PDF)
アートコロニイプロジェクトチラシ(裏)
画像をクリックすると拡大します(PDF)

アートコロニイ展チラシ(表)
画像をクリックすると拡大します(PDF)
アートコロニイ展チラシ(裏)
画像をクリックすると拡大します(PDF)

SMFアート長屋

アート長屋宝船展

ネット上のアートプラットフォーム「SMFアート長屋」の入居を受付けています!
http://artnagaya.jpからお気軽にアクセスしてください。
アートに興味がある人ならば誰でもお気軽に!(アートプランナー、アートボランティア、キュレーター、アートワークショップ参加経験者、プロのアーティスト、日曜アーティスト、かつてのアーティスト、未来のアーティスト、自称アーティスト、なんちゃってアーティスト、アーティスティックな生活者、日常生活でアーティスティックなひと工夫をしている人、日常生活で何かを発見することが好きな人)etc.


SMFアート井戸端会議

アート井戸端会議

SMFでは、隔月で「アート井戸端会議」と題し、どなたでも参加可能なミーティングを開催しています。 ここでは集まった人の実現したいプランや情報共有を通して、新たなアイデアを生み出す時間を目指します。どうぞ皆様お気軽にご参加ください。

<アート井戸端会議>
開催日:偶数月第2日曜日13:30~15:30
開催場所:コロナ禍の影響で、しばらくはオンライン会議で行います。

SMF Press最新号

SMF Press vol.46
vol.46
SMF Press vol.48
vol.48
SMF Press vol.49
vol.49

SMF with コロナ
ソーシャルディスタンス時代のアートを考える
活動記録集

SMFwithコロナ
画像をクリックすると全ページが見られます。(PDF)

SMF Facebook最新情報

SMF with コロナ
ソーシャル・ディスタンス時代のアートを考える
「宝船展2021@アート長屋(オンライン)」

SMF with コロナバナー
画像をクリックすると
「online 宝船展2021@アート長屋」に移動します

SMF(サイタマミューズフォーラム)は 2008 年より、埼玉県内各地のミュージアムをキーステーションとし、美術、建築、音楽、文学、ダンス、パフォーマンス、地域活動など、さまざまな領域のメンバーで活動しています。SMF では、2020 年 10 月より 「埼玉県文化振興課オール埼玉で彩る文化プログラム公募事業」 の助成を受け、ウィズコロナ時代のアートを考える実践的な取り組みを実施しています。 この企画は、その一環として開催されるもので、オンラインで展覧会をつくり 「アートを鑑賞すること」 と 「アートをアーカイブすること」 についてともに考えていきます。

アートプログラム

「衣食住」など暮らしに身近な視点から、アートの新たなあり方を市民・県民とともに考え楽しむさまざまなアートプログラムを、連携する5つのミュージアムが所在する地域を中心に県内各所で開催しました。ロゴマークをクリックすると、それぞれの事業報告が見られます。

ページトップに戻る

ミュージアム連携情報

埼玉県立近代美術館

9/23〜11/3 企画展「美男におわす」好評開催中。(土日には400名前後の入館者あり。可能であれば平日か週末午前中にご観覧を!)
常設展は10/17まで第2期、展示替休室をはさんで10/23から第3期となります。

入間市博物館ALIT

10月からほぼ通常どおり開館しています。
10/16〜12/5、人間国宝(埼玉の工芸作家)の茶道具を中心にした展覧会を開催中。

うらわ美術館

10/5~10/31「第19回さいたま市美術展覧会」 開催中
11/16~1/16「大・タイガー立石展 世界を描きつくせ」 開催予定
1/9「多世代交流ワークショップ」(詳細は追ってご案内いたします)

川越市立美術館

10/23~11/28 特別展「没後70年 吉田博展」
9/23〜12/19 タッチアートコーナー「四家真理子彫刻展」

川口市立アートギャラリーATLIA

SMF入会のご案内

SMF入会案内パンフレット

SMFはアートの力で地域とミュージアムを結び、多くの人がつながっていくためのプラットフォームです。SMFでは、趣旨に賛同し、ともに活動してくださる正会員、ご支援くださるフレンド会員(個人)、サポート会員(団体)を募集しています。正会員によるアートフォーラムも毎月開催中です。

※詳しくは案内パンフレットの画像をクリックしてください。また、入会申込書は以下のボタンをクリックしてダウンロードできます。

きたうらワン

北浦和西口銀座商店街との連携で誕生したキャラクター「きたうらワン」。気になる方はここをクリックしてファミリーに会いにいこう!
きたうらワンイラスト
きたうらワンイラスト